女性が気になる最近の二重術事情|施術の特徴と料金について

二重術の種類と特徴

医師

二重術には、大きく分けて埋没法と切開法の二種類があります。やり直しのきく埋没法と、半永久的に二重が手に入る切開法はそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらがより自分の理想の二重に近付けるのか、比較してみて下さい。

二重術の料金設定方法

カウンセリング

パッチリとした二重まぶたに憧れ、整形手術を考える人は少なくありません。近年はアイプチやプチ整形など、以前より手頃に二重まぶたを手に入れることができるようになりました。整形方法の発展と共に施術を受けられる金額も変化してきたので、二重整形を受ける場合の最近の相場をみてみましょう。
二重まぶたにする施術には、大きく分けて二種類あります。一つは、埋没法と呼ばれる切開をせずに糸を埋め込んで二重のラインを作り出す方法です。そしてもう一つの方法が、まぶたを切開して二重を作り出す切開法です。クリニックや医師によって設定されている施術費用は異なりますが、平均すると埋没法では安くて8万円。高くても15万円程度になります。切開法の平均費用は、25万円程度です。埋没法は一重に戻るリスクがありますが、切開法は一重に戻る心配はないため、価格に開きはあるもののどちらも人気の高い施術方法です。
インターネット上で整形手術の情報を調べてみると、クリニックによって施術費用が異なり、その金額の幅に驚かされます。同じ施術でも安いところと高いところでは10万円以上差がある場合があります。一体なぜこのようにクリニックによって差が出てしまうのでしょうか。
整形の施術費用は、基本的に栗一句が自由に設定することができます。施術にかかる費用全てを表示するところもあれば、追加オプションとして別に表示している場合もあります。施術費用が安いクリニックを見つけたからといって、安易に申し込んではいけません。後々追加料金として別途料金を求められる可能性があるので、きちんと料金の内訳などの説明を受けてから申し込みましょう。また、担当する医師の勤続年数や経験によって料金が設定される場合があります。新人医師は低価格で、経験豊富な医師は高価格など、医師によって料金が変わる可能性があるので、施術を受ける前に担当の医師も確認しておきましょう。
このように、一見しただけでは良いクリニックはわかりません。多数のクリニックの情報を集めてじっくりと比較検討した上で、自分に合っているクリニックを選びましょう。

まぶたのたるみに二重術

書く人

二重術は目を二重にする他にも、まぶたのたるみを解消してくれるメリットがあります。まぶたのたるみを解消する目的で二重術を受ける場合、適しているのは切開法ですが、埋没法でも方法次第では可能です。

二重術の完全切開法とは

顔を触る女性

完全切開法は二重整形手術で最もポピュラーな施術方法であり、埋没法では実現不可能な二重の形も作り出すことができる施術方法です。半永久的に理想の二重を手に入れるなら切開法が適しています。

優良クリニックの選び方

女の人

近年、整形外科クリニックはたくさんありますが、優良なクリニックか否かはカウンセリングの段階で見分けることができます。二重手術を受けるなら医師が直接カウンセリングを担当し、患者のライフスタイルまで考慮してくれるようなクリニックを選びましょう。

若さを取り戻すお手軽施術

女性

まぶたのたるみは、見た目の印象を悪くするだけでなく、頭痛や肩こりの原因になる恐れもあります。三十代四十代の女性には、メスを使わずにできる手軽なたるみ除去併用二重整形手術が人気です。