女性が気になる最近の二重術事情|施術の特徴と料金について

若さを取り戻すお手軽施術

女性

二重整形手術というと、一番見た目に関心の強い十代、二十代の若い女性が受けるものというイメージがありますが、実は三十代、四十代の女性にも人気です。目の形そのものを変えて美しくなりたいというのが若い女性の要望に対して、年齢を重ねた三十代、四十代の女性の多くは、たるみやしわを除去して若い頃の自分に戻りたいと思っているものです。この世代の女性には、手軽に受けられる二重整形手術の人気が高く、特にまぶたを糸で留めてたるみを織り込む“埋没法”を受ける女性がたくさんいます。
年齢を重ねることで発生する目の悩みの多くは、“たるみ”です。まぶたの皮膚がたるむとまつ毛にかぶさったり、目じりが下がってしまいます。元々パッチリとした二重を持っていても、まぶたのたるみによって二重のラインが消えてしまったり、奧二重になってしまうことも少なくありません。目つきが悪くなったり老けたように見えるなど、まぶたの皮膚のたるみは顔全体の印象を左右します。二重整形手術は、目の印象だけでなく顔全体の印象を変えることになるのです。
まぶたのたるみは、思わぬところにも影響を与えています。それは、肩こりと頭痛です。まぶたがたるむことによって狭まった視界を広げようと、無意識のうちに目を見開くことになります。使わなくていい筋肉を無理に使うことにより、肩こりを引き起こすのです。また、視界の悪さから眼精疲労に陥り、頭痛を引き起こしやすくなり、精神的にも肉体的にも大きな負担を感じることになります。二重整形手術の中にはメスを使わずにできる施術もあるので、まぶたのたるみが気になる方は、二重整形手術を検討してみるといいでしょう。